コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マウントカーメル大聖堂 マウントカーメルだいせいどう

2件 の用語解説(マウントカーメル大聖堂の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

マウントカーメルだいせいどう【マウントカーメル大聖堂】

アメリカ自治領北マリアナ連邦サイパン島の、ガバランの中心街から車で20分ほどのところにある教会。スペイン統治時代に建てられた格式の高いカトリック教会で、第二次世界大戦の戦災を受けたため、戦後に改築され、現在の姿になった。スペイン風のエキゾチックな建物の周辺は庭園になっていて、とりわけ教会前広場の花壇が美しい。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

マウントカーメル‐だいせいどう〔‐ダイセイダウ〕【マウントカーメル大聖堂】

Mount Carmel Cathedralサイパン島南西部の町チャランカノアにあるローマカトリックの大聖堂。スペイン統治時代に建造され、太平洋戦争で倒壊。1949年に再建された。同島最大の教会であり、北マリアナ諸島主教座が置かれる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マウントカーメル大聖堂の関連キーワードイベロアメリカサイパン島マリアナ諸島アメリカンテニアン島サイパンマラソンマリアナ[諸島]米自治領北マリアナ連邦

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone