コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マオラン

百科事典マイペディアの解説

マオラン

ニュージーランドアサ(麻),ニューサイランとも。ニュージーランド原産のリュウゼツラン科の多年草。根株から葉を束生し,葉は先のとがった剣状で長さ1.5〜2.5m,幅12〜15cm。株の中央から花柄を出し,ユリに似た黄色の穂状花を開く。種子または株分けにより繁殖。葉には硬膜細胞が発達し,繊維を採るため栽培される。敷物,綱,紐(ひも),網,帆布,袋類のほか,製紙原料にもする。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マオラン【New Zealand flax】

葉から繊維を採るために栽培されるユリ科の多年草。ニュージーランドアサとも呼ばれる。原産地はニュージーランドとノーフォーク島で,18世紀末にイギリスに渡り,日本には明治初年に導入された。明治初期と第2次大戦後に九州と東海地方で,一時的に栽培が盛んになったことがある。熱帯から温帯まで,広い地域で栽培が可能である。葉は先のとがった剣状で,長さ1.5~4m,幅5~15cm。多数の葉が根もとから束になって出る。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android