コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マガジンハウス マガジンハウス

2件 の用語解説(マガジンハウスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マガジンハウス

若者向け雑誌を主力とする大手出版社。 1945年凡人社として設立,月刊誌『平凡』を創刊,「歌と映画の娯楽雑誌」路線を打出し7年後には 100万部を突破した。 54年株式会社に改組し社名も平凡出版と改称。 59年テレビ時代を意識した『週刊平凡』を創刊。 64年『平凡パンチ』を創刊して男性誌分野での基盤を固め,70年『アンアン』の創刊により女性ファッション誌の分野に新風を吹込んだ。その後も 76年『ポパイ』,77年『クロワッサン』,80年『ブルータス』,82年『オリーブ』と若者向けの新雑誌を相次いで創刊。 83年現社名に変更するとともに総合文芸誌『鳩よ!』を創刊。 87年には『週刊平凡』『平凡』『平凡パンチ』を休刊し,『Hanako』『自由時間』などの新路線に転換。売上構成比は,雑誌 90%,書籍 10%。年間売上高 290億円,資本金1億 700万円,従業員数 431名 (1998) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

マガジンハウス

正式社名「株式会社マガジンハウス」。英文社名「MAGAZINE HOUSE, Ltd.」。情報・通信業。昭和20年(1945)前身の「凡人社」創業。同29年(1954)「平凡出版株式会社」設立。同58年(1983)現在の社名に変更。本社は東京都中央区銀座。出版社。1960年代は「平凡パンチ」が若者向け雑誌として一世を風靡。「an・an」「Hanako」「POPEYE」など雑誌刊行に強み。

出典|講談社
日本の企業がわかる事典2014-2015について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マガジンハウスの関連情報