マクシミヌス(英語表記)Maximinus, Gaius Galerius Valerius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マクシミヌス
Maximinus, Gaius Galerius Valerius

[生]? イリュリクム
[没]313. タルソス
ローマ皇帝 (在位 308~313) 。蛮人との混血で元来は Daia (または Daza) といった。ガレリウス帝の甥。牧人から軍人に取立てられ,305年副帝となり,シリア,エジプトを支配。 308年ガレリウスがリキニウスを正帝とすると,みずからも正帝位を宣し,ガレリウスの死後小アジアをも支配。この間激しくキリスト教を迫害し,教徒を鉱山に送り,都市に反キリスト教嘆願書を出させ,ローマ宗教制度の組織を再建するなど積極的な宗教政策を行なった。 313年リキニウスの支配するトラキアに侵入して敗れ,リキニウスが東方の正帝となった。キリスト教迫害停止の寛容令を発したあと,タルソス (小アジア南岸) で死んだ。

マクシミヌス
Maximinus, Gaius Julius Verus

[生]173
[没]238.5.10. アキレイア
ローマ皇帝 (在位 235~238) 。トラキア人の羊飼い出身。皇帝アレクサンデル・セウェルスに見出され,ライン軍団の幹部となり,235年アレクサンデルが殺されたとき,ライン軍団に推されて即位ドナウ,ライン地方に転戦。道路再建に努めた。大土地所有者からきびしく徴税したため,元老院の反感を買い,その画策によってアフリカ,イタリアで反乱を起され,アルプスを越えて鎮圧におもむいた際,部下の兵士に殺された。彼をもっていわゆる軍人皇帝時代が始る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android