コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マクラメ(英語表記)macramé

翻訳|macramé

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マクラメ
macramé

何本かの細紐や糸などを手で結び,幾何学的な模様をつくる手芸の一種。アラビアに始り,15世紀以来おもにスペイン,イタリアでつくられた。細い糸による場合はレースとして衣服の装飾,ショールなどに,太い場合はテーブル掛けやカーテンなどの縁飾りとして用いられる。じょうぶな糸で,バッグ類にも応用される。日本でも古くから馬の鞍敷や縄のれんなどにその手法が用いられていた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

マクラメ

レース編みの一種。マクラメ・レース,アラビアン・ノッテッド・ワークともいう。マクラメは装飾のふさや組紐(ひも)を意味するアラビア語ミクラマ,トルコ語のマクラマ(タオル)に由来する。用具はマクラメ用クッション,丈夫なピン,金属製のくしなどで,マクラメ・コード(撚りの強いレース糸)のほか最近はビニル紐も多く用いられる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マクラメ【macramé[フランス]】

ノッテッド・レースの一種で,マクラメ・レース,アラビアン・ノッテッド・ワークともいう。紐類を結びながらレース状にする手芸の技法で,もとはアラビアのラクダの背につける麻袋の房結びから発達したとされている。名称はアラビア語のミクラマmiqrama(組紐),トルコ語のマクラマmakrama(タオル)に由来する。8世紀ころムーア人が中東からスペインへ,12世紀ころには十字軍によってイタリアへも伝えられ,寺院の装飾品や僧服の房飾などに用いられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

マクラメ【macramé】

糸やひもなどを指先で結んでいろいろな模様に編むもの。のれん・ベルト・テーブル掛けなどに応用。アラビアから起こった。マクラメ編み。マクラメ-レース。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

マクラメの関連情報