コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池谷信三郎 いけたにしんざぶろう

6件 の用語解説(池谷信三郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

池谷信三郎
いけたにしんざぶろう

[生]1900.10.15. 東京
[没]1933.12.21. 東京
小説家,劇作家。東京大学法学部中退後,ベルリン大学法科に入学,1923年関東大震災のため帰国し,ベルリン生活に取材した『望郷』 (1925) を発表,以後作家生活に入った。 25年村山知義らと「心座」,30年には中村正常らと「蝙蝠 (こうもり) 座」などの劇団を起したが,翌 31年,喀血して再起不能となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いけたに‐しんざぶろう〔‐シンザブラウ〕【池谷信三郎】

[1900~1933]小説家・劇作家。東京の生まれ。ドイツ留学に取材した小説「望郷」で文壇に登場。モダニズムの作風で知られた。他に小説「」「有閑夫人」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池谷信三郎 いけたに-しんざぶろう

1900-1933 大正-昭和時代前期の小説家,劇作家。
明治33年10月15日生まれ。大正13年「時事新報」懸賞小説に応募した「望郷」が当選。14年村山知義(ともよし),河原崎長十郎らと劇団心座(こころざ)を結成。作風は新感覚派にちかく,川端康成,横光利一らと交遊した。昭和8年12月21日死去。34歳。東京出身。東京帝大中退,ベルリン大中退。代表作に「橋」「有閑夫人」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

池谷信三郎

没年:昭和8.12.21(1933)
生年:明治33.10.15(1900)
大正昭和時代の小説家,劇作家。東京京橋生まれ。質屋の老舗の息子。暁星小学校,東京府立一中,一高文科乙類を経て,大正11(1922)年東京帝大法学部に入学。休学してベルリン大学法科に籍を置くが,同12年関東大震災のため帰国。ベルリン生活に取材した『望郷』によって『時事新報』懸賞小説に当選,新感覚派の作家とされデビューする。大正14年,村山知義,河原崎長十郎らと劇団心座を結成,自作の戯曲「三月三十二日」を第1回公演として上演。東京帝大文芸部の『朱門』創刊にも尽力。昭和5(1930)年,心座の大衆座への合流により,劇団蝙蝠座を結成するが,肺結核で33歳で死去。著作集に『池谷信三郎全集』全1巻(1934)がある。

(佐伯順子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いけたにしんざぶろう【池谷信三郎】

1900~1933) 小説家・劇作家。東京生まれ。東大中退。新感覚派の作家と交流、都会的でモダンな作風で知られる。作「望郷」「橋」「有閑夫人」「 GO ・ STOP !」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

池谷信三郎
いけたにしんざぶろう
(1900―1933)

小説家、劇作家。東京生まれ。1922年(大正11)東京帝国大学法学部入学後すぐ休学して渡欧、ベルリン大学法学部に籍を置いて演劇、舞踊などに凝ってヨーロッパ文化を吸収した。1923年関東大震災で実家が焼失したため帰国。1924年、生活の資を文学に求めて、ベルリン生活に取材した『望郷』を『時事新報』懸賞小説に応募して当選(1925年1~6月発表)し作家生活に入る。1925年村山知義(ともよし)、河原崎(かわらさき)長十郎らと劇団「心座(こころざ)」を結成し劇作にも力を入れた。新感覚派運動にも共鳴し、清純な魔性の女を描いた代表作『橋』(1927)がある。新興芸術派にも参加し『有閑夫人』(1930)を刊行。結核のため33歳で早逝。[神谷忠孝]
『神谷忠孝著『池谷信三郎と横光利一』(『横光利一論』所収・1978・双文社出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

池谷信三郎の関連キーワード畑耕一岡田八千代竹田敏彦金子洋文藤原審爾小島勗津村京村中内蝶二長谷川幸延北条誠

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone