コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マケドニア問題 マケドニアもんだいMacedonian question

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マケドニア問題
マケドニアもんだい
Macedonian question

19世紀後半,民族覚醒の遅れたオスマン帝国支配下のマケドニア地方の帰属をめぐるセルビア,ブルガリアギリシア間の紛争。言語的にはブルガリア語に最も近いマケドニア語を話す人々の居住地域が交通の要衝にあたるため,中世以来近隣諸国の争いの的となり,ギリシア (ビザンチン帝国) ,ブルガリア (第1,2ブルガリア帝国) ,セルビア (ステファン・ドゥシャンの統一帝国) ,オスマン帝国と次々にその主を変えたが,19世紀にいたってこの紛争は南スラブ人の解放運動および列強の東方政策と結びつき,いわゆる東方問題の核心とみなされるようになった。バルカン戦争 (1912~13) の結果,戦勝国のギリシアとセルビアがその大部分を分割占領。敗戦国ブルガリアはマケドニアに対する領土要求を満たせなかった。ブルガリアは第1次,第2次両世界大戦間期に内政外交を展開する際に親ブルガリア的なマケドニア人の組織「マケドニア内部革命組織」を利用した。第2次世界大戦に枢軸国側で参戦したブルガリアはこの地域を占領した。戦後ユーゴスラビア連邦内のマケドニアは構成共和国となり,ブルガリアもパリ平和条約 (1947) によって領有権を放棄したが,その後もソビエト連邦圏から距離をおくユーゴスラビアと親ソ的なブルガリアとの間の係争地となった。 1991年クロアチア,スロベニアに続いて旧ユーゴスラビアからの独立を宣言したが,マケドニアという国名についてギリシアからクレームがつき,ヨーロッパ連合 EUの承認が遅れた。 1992年にロシア,ブルガリアが承認,1993年 12月に日本も承認。 1993年4月旧ユーゴスラビア・マケドニアの名称で国際連合に加盟した (→マケドニア ) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android