コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マシャード・デ・アシス マシャードデアシス

2件 の用語解説(マシャード・デ・アシスの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

マシャード・デ・アシス

ブラジルの作家。リオ・デ・ジャネイロで,黒人の父とポルトガル系の母の間に生まれた。幼くして両親を失い,働きながら独学で文学的素養を身につけた。1880年以降に発表した小説《ブラス・クーバスの死後の回想》《キンカス・ボルバ》《むっつり屋》は鋭い人間観察,心理描写イギリス風のユーモアで当時のリオの上流社会を描き,ブラジル文学を代表する傑作である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マシャード・デ・アシス
ましゃーどであしす
Joaquim Maria Machado de Assis
(1839―1908)

ポルトガル語文学を代表するブラジルの作家。黒人の血を引き、リオ・デ・ジャネイロの貧しい家庭に生まれる。独学でヨーロッパ文学、古典的素養を修め、あらゆる文学ジャンルで活躍し、ブラジル文学アカデミーの初代会長を務めた。もっとも才能を発揮したのは短・長編小説で、当時のリオ・デ・ジャネイロの上・中流社会を描き、イギリス風のユーモア、ペシミスティックな人生観、鋭い心理分析、簡潔で象徴性に富んだ文体を特徴とする。主要作品は多くの短編集のほか、三つの長編小説『ブラス・クーバスの死後の回想』(1881)、『キンカス・ボルバ』(1891)、『むっつり屋』(1899)。[高橋都彦]
『高橋都彦訳『マシャード短篇選』(1982・大学書林)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マシャード・デ・アシスの関連キーワードサンバブラジリアリオリオデジャネイロビーチサッカーカリオカボサノバコルコバードの丘マラカナンスタジアム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone