コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マシャード・デ・アシス マシャードデアシス

百科事典マイペディアの解説

マシャード・デ・アシス

ブラジルの作家。リオ・デ・ジャネイロで,黒人の父とポルトガル系の母の間に生まれた。幼くして両親を失い,働きながら独学で文学的素養を身につけた。1880年以降に発表した小説《ブラス・クーバスの死後の回想》《キンカス・ボルバ》《むっつり屋》は鋭い人間観察,心理描写,イギリス風のユーモアで当時のリオの上流社会を描き,ブラジル文学を代表する傑作である。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マシャード・デ・アシス
ましゃーどであしす
Joaquim Maria Machado de Assis
(1839―1908)

ポルトガル語文学を代表するブラジルの作家。黒人の血を引き、リオ・デ・ジャネイロの貧しい家庭に生まれる。独学でヨーロッパ文学、古典的素養を修め、あらゆる文学ジャンルで活躍し、ブラジル文学アカデミーの初代会長を務めた。もっとも才能を発揮したのは短・長編小説で、当時のリオ・デ・ジャネイロの上・中流社会を描き、イギリス風のユーモア、ペシミスティックな人生観、鋭い心理分析、簡潔で象徴性に富んだ文体を特徴とする。主要作品は多くの短編集のほか、三つの長編小説『ブラス・クーバスの死後の回想』(1881)、『キンカス・ボルバ』(1891)、『むっつり屋』(1899)。[高橋都彦]
『高橋都彦訳『マシャード短篇選』(1982・大学書林)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

マシャード・デ・アシスの関連キーワードアシス

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android