コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マシューソン マシューソンMathewson, Christy

2件 の用語解説(マシューソンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マシューソン
マシューソン
Mathewson, Christy

[生]1880.8.12. ペンシルバニア,ファクトリービル
[没]1925.10.7. ニューヨークサラナックレーク
アメリカ合衆国プロ野球選手。本名 Christopher Mathewson。投手。右投げ右打ち。「マティ」「ビッグシックス」の愛称で知られる。1900~16年ナショナルリーグのニューヨーク・ジャイアンツ,1916年シンシナティ・レッズプレー

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マシューソン
ましゅーそん
Christopher Mathewson
(1880―1925)

アメリカのプロ野球選手(右投右打)、監督。大リーグメジャー・リーグ)のニューヨーク・ジャイアンツ(現サンフランシスコ・ジャイアンツ)、シンシナティ・レッズで投手としてプレー。20勝以上を13回も記録し、歴代3位タイの通算373勝をマークした名投手である。1916年からはレッズで監督も務めた。
 8月12日、ペンシルベニア州ファクトリービルで生まれる。1900年、ジャイアンツに入団。1901年には21歳で早くも20勝をあげた。1903年から3年連続で奪三振王を獲得し、最後の年は最多勝利、最優秀防御率とあわせ、投手三冠王となった。1907年に最多勝と奪三振王の二冠王、08年はふたたび投手三冠王。1909年は最優秀防御率、10年は最多勝、11年と13年にも最優秀防御率を獲得した。この活躍で、チームは1905年にワールド・シリーズを制し、11年からは3年連続リーグ優勝を果たした。1915年に8勝14敗と負け越し、16年も3勝4敗と振るわず、シーズン途中でレッズにトレードされた。移籍先では監督兼任となったが、投手としては1勝しかできず、同年限りで現役を引退。1918年まで監督を務め、以降は古巣ジャイアンツのコーチや、ボストン・ブレーブス(現アトランタ・ブレーブス)の球団社長などを歴任した。
 選手としての17年間の通算成績は、登板試合636、投球回4780と3分の2、373勝188敗、防御率2.13、奪三振2502、完投434、完封79。獲得したおもなタイトルは、最多勝利4回、最優秀防御率5回、最多奪三振5回。監督としての通算成績(3年)は、164勝176敗。1936年に野球殿堂入り。[山下 健]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

マシューソンの関連キーワード紙幣整理ブラウンオランダ文学岩崎弥太郎エルメレンスドワルスフォーチュン市川左団次二世勧業博覧会大学野球

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone