マスチフ(英語表記)mastiff

翻訳|mastiff

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イヌの1品種。原産地アジアで,中近東からヨーロッパに持込まれたものと思われる。狩猟犬番犬闘犬から作り出された大型犬で,日本では土佐犬を作るのにも用いられたとされるように,世界の大型犬の基礎となっている。筋肉はよく発達し頑強な骨格をしている。体毛は短毛で,毛色は一般にアンズ色,茶色黄褐色のほか虎毛もある。ただし,耳,口吻,目の周囲の色は濃いもののほうがよいとされている。外見に似合わず性格は穏和で,よく人になれる。体高は雄 76cm以上,雌 68cm以上。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

哺乳(ほにゅう)綱食肉目イヌ科の動物。家畜イヌの1品種で、チベット地方のマスチフが中近東からヨーロッパに渡って作出されたとみられる。巨大で重厚みがあり、筋肉がよく発達し、体つきも頑健で力強い。短毛で、頸(くび)も太くてたくましく、のどには皮膚のたるみがある。古くから番犬、獣猟犬、護身犬として飼われ、古代ローマ帝国時代は闘犬としてライオン、クマ、ウシなどと戦わされた。マスチフが3頭いればクマを倒し、4頭いればライオンに勝つとさえいわれたほどの強い闘争力をもつ。毛色はフォーンや虎毛(とらげ)で、口吻(こうふん)、耳、目の周囲、鼻などは黒いものがよいとされる。体は大きいものが好まれ、体高は雄で75センチメートル以上、雌で68センチメートル以上。日本では土佐闘犬の作出に用いられた。

[増井光子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (mastiff)⸨マスチーフ⸩ 犬の一品種。チベットの古代犬を、イギリスで猟犬・闘犬に改良。最も大形の犬に属し、体高は七五センチメートル以上。体形は土佐犬に似ており、短毛で、毛色は虎毛・銀・淡黄褐色など。番犬によく使われるが、性格は温和で、愛玩犬にも適する。
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉犬物語「犬を珍重して今の『マスチッフ』だの『グレイハウンド』だのといふ奴が」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マスチフの関連情報