コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土佐犬 とさいぬ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土佐犬
とさいぬ

イヌの1品種土佐闘犬ともいわれる。日本古来のイヌではなく,幕末から明治にかけて土佐 (高知県) で強力な闘犬を目的に,四国犬マスチフブルドッグなどの洋犬との混血によってつくられた。体高 67cm以上, 61cm以上。体重は雄 45kg以上,雌 34kg以上。頭部はやや大きく,耳は頭頂から垂れ,顎は太く角ばり,尾は先細で垂れている。短毛で,毛色は通称「赤一枚」といわれる赤褐色一色である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

とさ‐いぬ【土佐犬】

日本犬の一。高知地方にみられ、中形で毛色はごまや赤色。猪狩りに用いられた。四国犬。
土佐闘犬のこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

土佐犬【とさいぬ】

四国(しこくけん)とも。イヌの一品種。四国原産の中型日本犬。体高46〜52cm。体は比較的ずんぐりして頑丈(がんじょう)。気性は荒い。古くはイノシシ猟に用いられた。
→関連項目日本犬

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

犬&猫:ペットの品種がわかる事典の解説

とさいぬ【土佐犬】

高知県原産の大型犬。闘犬用に四国犬に洋犬を交配して作られた。耳は垂れ、短毛である。JKCでは、第2グループ(使役犬)に分類する。◇品種の英名はTosa。ジャパニーズ・マスティフともいう。

出典|講談社犬&猫:ペットの品種がわかる事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とさいぬ【土佐犬】

幕末のころから土佐地方で四国犬と洋犬の混血で作出された闘犬で,純粋の日本犬ではない。日本の闘犬は秋田県と高知県でそれぞれ別々に発祥した。強力な闘犬の育種には,マスチフ,グレート・デーン,ブルドッグ,セント・バーナード,その他の血液が取り入れられたと伝えられるが,詳細は不明である。基礎となった四国犬の面影はまったく消え,分類上はマスチフ族に入り,短毛で吻(ふん)や頸は太い。最盛期は大正の末期から昭和の初期で,第2次世界大戦中は絶滅にひんしたが,戦後東北地方に疎開していた少数の犬たちから再興された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

とさいぬ【土佐犬】

イヌの一品種。高知市一帯の原産。四国犬とマスチフなど西洋種の大形犬とを交配、闘犬として改良。体高60センチメートル 程度。番犬にもする。とさけん。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土佐犬
とさけん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の土佐犬の言及

【四国犬】より

…産地は四国山地の東部と西部で,前者は剣山系,後者は石鎚山系といわれ,もっぱら険しい山岳地帯の獣猟犬として活躍した。1937年に〈土佐犬〉として天然記念物に指定されたが闘犬種とまぎらわしく,四国犬の名称で広く呼ばれている。現在は石鎚山系の血統を引く犬が主流で,獣猟犬としてなお珍重されているが,主人以外の人にはなれがたく,里犬,番犬としても多くの愛好家を集めている。…

※「土佐犬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

土佐犬の関連キーワード噛み合せる法の解釈西洋種秋田犬掛る中形番犬

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

土佐犬の関連情報