コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マスバテ島 マスバテとうMasbate Island

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マスバテ島
マスバテとう
Masbate Island

フィリピン,ビサヤ諸島北部の島。面積 3269km2。北方のブリアス島,東方のティカオ島,および約 120の小島とともにマスバテ州を構成。逆V字形をしており,南部にアシド湾が入込む。沿岸部の低平地でトウモロコシ,イネ,芋類,ココヤシを栽培。内陸部は標高 300~600mの山地,丘陵,台地で,牧畜が盛ん。南西岸のバルドが比較的大きな漁港である。北部のアロロイに金鉱がある。北東岸にあるマスバテはコプラ,トウモロコシ,魚,家畜などを集散する港町で,州都でもある。州面積 4047km2。州人口 58万 4520 (1980) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

マスバテ‐とう〔‐タウ〕【マスバテ島】

Masbate Island》フィリピン中央部、ビサヤ諸島のほぼ中央の島。ルソン島の南東沖に位置し、サマール海、ビサヤン海、シブヤン海に囲まれる。マスバテ州に属す。中心都市は州都マスバテ。スペイン統治時代に良質な木材を産したが、乱伐により衰退。現在は牧畜が盛ん。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マスバテ島
ますばてとう
Masbate Island

フィリピン中部、ビサヤ諸島のほぼ中央にある島。ルソン島南東方に位置しシブヤン海とビサヤ海とを分かつ。面積4084平方キロメートル、人口68万5000(2000)。内陸部は300~600メートルの山地が続くが、中央南部と北西部沿岸に平地が開ける。地震の多いことでも知られる。民族は複雑で、ビコル人、ヒリガイノ人、セブ人などが混住している。島の北端部のアロロイ付近には、金を含む石英の鉱脈があり、第二次世界大戦前まで採掘された。ウマ、ウシの産地としても有名である。中心都市は北岸のマスバテ(人口7万1441、2000)。[別技篤彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

マスバテ島の関連キーワードトウモロコシフィリピンココヤシバルドコプラ金鉱

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android