コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マスバテ島 マスバテとう Masbate Island

3件 の用語解説(マスバテ島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マスバテ島
マスバテとう
Masbate Island

フィリピン,ビサヤ諸島北部の島。面積 3269km2。北方のブリアス島,東方のティカオ島,および約 120の小島とともにマスバテ州を構成。逆V字形をしており,南部にアシド湾が入込む。沿岸部の低平地でトウモロコシ,イネ,芋類,ココヤシを栽培。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

マスバテ‐とう〔‐タウ〕【マスバテ島】

Masbate Island》フィリピン中央部、ビサヤ諸島のほぼ中央の島。ルソン島の南東沖に位置し、サマール海、ビサヤン海、シブヤン海に囲まれる。マスバテ州に属す。中心都市は州都マスバテ。スペイン統治時代に良質な木材を産したが、乱伐により衰退。現在は牧畜が盛ん。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マスバテ島
ますばてとう
Masbate Island

フィリピン中部、ビサヤ諸島のほぼ中央にある島。ルソン島南東方に位置しシブヤン海とビサヤ海とを分かつ。面積4084平方キロメートル、人口68万5000(2000)。内陸部は300~600メートルの山地が続くが、中央南部と北西部沿岸に平地が開ける。地震の多いことでも知られる。民族は複雑で、ビコル人、ヒリガイノ人、セブ人などが混住している。島の北端部のアロロイ付近には、金を含む石英の鉱脈があり、第二次世界大戦前まで採掘された。ウマ、ウシの産地としても有名である。中心都市は北岸のマスバテ(人口7万1441、2000)。[別技篤彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マスバテ島の関連キーワードセブ島ビサヤ諸島ビサヤ族ルソン島レイテ島フィリピン諸島フィリピン鷲ナヨンピリピーノフィリピンと中国ビサヤ語

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone