コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マッケンジー川 マッケンジーがわMackenzie River

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マッケンジー川
マッケンジーがわ
Mackenzie River

カナダ北部,グレートスレーブ湖に源を発し,北西流してボーフォート海マッケンジー湾に注ぐ川。全長約 1705km。広義には,ブリティシュコロンビア州中北部にフィンリー川として源を発し,ピース川アサバスカ湖,スレーブ川を経てグレートスレーブ湖に注ぐ水系をも含む。流域面積 176万 5000km2。全長 4250km。6月上旬~10月中旬融氷し,河口-グレートスレーブ湖間は航行可能となる。 1789年 A.マッケンジーが発見し,探検したことにちなんで命名された。沿岸にはフォートプロビデンス,ノーマンウェルズアクラビクなどの居住地がある。特にノーマンウェルズは石油採掘の基地となっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マッケンジー川
まっけんじーがわ
Mackenzie River

カナダ、ノースウェスト・テリトリーズを北西に流れ、北極海のボーフォート海に注ぐカナダ最大の川。狭義(グレート・スレーブ湖から河口まで)の長さは1790キロメートル。ブリティッシュ・コロンビア州北部のロッキー山脈中に源を発するフィンレー川が東進してピース川、アサバスカ湖からスレーブ川となり、グレート・スレーブ湖に注ぐ上流諸川を含めた全長は4220キロメートルに達する。グレート・スレーブ湖からはマッケンジー山脈の東麓(とうろく)を流れてマッケンジー低地をつくり、無数に池沼のある森林ツンドラ地域が広がる。6月~10月中旬は氷が融(と)け、河口からグレート・スレーブ湖まで航行できる。1789年にアレキサンダー・マッケンジーが発見し、ハドソン湾会社が流域各地に物資交易所をつくった。[大竹一彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

マッケンジー川の関連キーワードマッケンジー(Sir Alexander Mackenzie)フィッツロイ川(オーストラリア東部、クイーンズランド州)グレート・スレーブ[湖]グレート・スレーブ[湖]マッケンジー(カナダ)グレート・ベア[湖]マッケンジー[山脈]ユーコン・テリトリーグレート・プレーンズマッケンジー[川]ノースウェスト准州マッケンジー地区アサバスカ[川]アサバスカ[湖]グレート・ベア湖グレートベア湖チペワイアン族ウォラストン湖ノースウエストユーコン准州

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マッケンジー川の関連情報