コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マッテイ マッテイMattei, Enrico

3件 の用語解説(マッテイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マッテイ
マッテイ
Mattei, Enrico

[生]1906
[没]1962.10. ミラノ
イタリアの石油事業家。キリスト教民主党員で第2次世界大戦中はレジスタンス指導者として活躍。戦後北イタリアで発見された天然ガス田の開発のために設立されたイタリア第2の国家持株会社,全国炭化水素公社 ENI総裁。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マッテイ【Enrico Mattei】

1906‐62
イタリアの実業家で,ENI(炭化水素公社)の初代総裁。警察官の子としてイタリア北部の小村に生まれ,小学校卒業後は仕事のかたわら夜学で会計学を学んだ。30歳で化学会社を設立したが,第2次大戦が始まると会社を追われ,レジスタンス運動に挺身。戦後,国営会社AGIP(イタリア石油会社)の清算人となったが,清算命令を無視してポー川流域の天然ガスを探査・開発した。エネルギー産業の自立を唱え,1953年にAGIPを主体とした国家持株会社ENIの創設を実現した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マッテイ
まってい
Enrico Mattei
(1906―1962)

イタリアの実業家。国営持株会社「炭化水素公社」(エニ=ENI)初代総裁。イタリア北部の寒村に生まれ、自力向上のすえ30歳で化学会社を設立、第二次世界大戦中はレジスタンスの闘士として活躍した。こうした経験から民族意識が強く、戦後、ポー川流域の大ガス田発見を契機とする事業主体のあり方をめぐっては、民間資本だけでなく国際石油資本をも排除した公共事業とすることを主張し、1953年、かつて清算を命じられていた国策会社、AGIPを中心に、国家による持株会社、持株子会社事業会社という三層よりなる公共企業体、エニを創設し、初代総裁に納まった。その後エネルギー産業の自立を目ざし、イラン石油採掘権の取得や当時のソ連石油の輸入など国際石油資本に公然と敵対する活動を続けながらエニの基礎を確立したが、62年10月、自家用機の墜落により謎(なぞ)の死を遂げた。[小林袈裟治]
『ヴォトー著、伊沢久昭訳『国際石油資本への挑戦者 マッティ』(1969・河出書房新社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のマッテイの言及

【ENI】より

…海外進出に積極的で,世界各地で石油・天然ガスの探鉱,開発,精製,販売や石油化学事業等を積極的に行っている。こうした積極的経営戦略をとりENI発展の基礎をつくったのが,有名なマッテイEnrico Mattei(1906‐62)である。なおENIが急成長できた背景には,ポー川流域の広大な地域の天然ガス探鉱・開発ならびに輸送に関する独占権を付与されたことがある。…

【ENI】より

…海外進出に積極的で,世界各地で石油・天然ガスの探鉱,開発,精製,販売や石油化学事業等を積極的に行っている。こうした積極的経営戦略をとりENI発展の基礎をつくったのが,有名なマッテイEnrico Mattei(1906‐62)である。なおENIが急成長できた背景には,ポー川流域の広大な地域の天然ガス探鉱・開発ならびに輸送に関する独占権を付与されたことがある。…

※「マッテイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

マッテイの関連キーワード児童雑誌坂東三津五郎みかんぐみ日活(株)アイヒマン裁判角閃石黒雲母花崗岩藤村志保北島三郎チェコ文学生田長江

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone