コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マツカサウオ(英語表記)Monocentris japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マツカサウオ
Monocentris japonica

キンメダイ目マツカサウオ科の海水魚。体長 17cm内外。鱗がきわめて大きく,全体として硬い甲をつくり,これが松かさを思わせるのでその名がある。腹鰭に 1本,背鰭にも数本の強大なとげがあり,また各鱗の中央は隆起し,その上に後方を向いた小棘がある。下顎の前端近くに一対卵円形発光器があるが,これの発光は共生する発光バクテリアによる(→生物発光)。体は黄色で,各鱗は暗褐色に縁どられる。眼の周縁から放射状に数本の暗色帯が走る。南日本インド洋西オーストラリアニュージーランド分布する。置物などに加工される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

マツカサウオ

マツカサウオ科の魚。地方名シャチホコ,ヨロイウオ,エビスなど。全長15cm内外。鱗が堅くて大きく甲を形成する。下顎の先端近くには発光バクテリアが寄生した発光器が1対。本州中部以南,フィリピン,インド洋を経て,南アフリカにまで分布。かなり美味。かまぼこ原料にもなる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マツカサウオ
まつかさうお / 松毬魚
knight fish
[学]Monocentris japonica

硬骨魚綱キンメダイ目マツカサウオ科に属する海水魚。北海道積丹(しゃこたん)半島以南の日本海側および青森県以南の太平洋側、朝鮮半島の南岸、東シナ海、フィリピンを経てアフリカに至るインド・西太平洋に広く分布する。体は側扁(そくへん)し、体高は高い。頭部はよく発達した骨板と皮膜で、体側面は肥厚した松かさ状の鱗(うろこ)で覆われる。和名はこの鱗の形状に由来する。第1背びれは左右に交互に傾斜する6本の強い棘(とげ)からなり、その基部にロック機構がある。この機構は棘を倒せなくするもので、外敵からの防御に役だつ。ロックされた棘を倒すには、この機構を解除する必要がある。腹びれはロック機構のある強大な1棘(きょく)と3本の軟条からなり、棘とその基底部とを摩擦して発音する。下顎(かがく)の先端に1対の黒い発光器があり、発光バクテリアを共生させてその光を利用する。海水中のバクテリアが進入できるように、発光腺(せん)からはいくつかの細管が体外に通じている。体色は淡黄灰色で、各鱗の縁辺は黒い。体長約15センチメートル。沿岸の浅海~水深100メートルの岩礁域にすむ。昼間はやや深い所または暗所に潜み、夜間行動する。水族館で鑑賞用に飼育されている以外、食用としての利用価値は少ない。世界で2属4種が知られている。[岡村 收・尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android