コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マツリカ(茉莉花) マツリカJasminum sambac; Arabian jasmine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マツリカ(茉莉花)
マツリカ
Jasminum sambac; Arabian jasmine

モクセイ科の常緑低木。モウリンカともいう。インドアラビア原産。高さ 1.5~3mとなり,葉は対生または3輪生し,広卵形で長さ4~8cmあり,全縁である。夏に,枝の先に白色で径約 2cmの花を3~12個つける。花冠裂片は円形ないし長楕円形で約9枚あり,園芸品には八重咲きもある。鉢植にして観賞されるほか,花に強い芳香があるので,中国では茶に入れる香料として用いる。ジャスミン茶 (花茶) といわれるのがこれである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

マツリカ(茉莉花)【マツリカ】

アラビア〜インド原産のモクセイ科の常緑低木。高さ1.5〜3mになり,葉は広卵形で対生または3枚が輪生。春〜晩秋の随時,枝端に芳香のある白い花を数個つける。花は高杯状で径1.8〜2.5cm,八重咲もある。
→関連項目ジャスミン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マツリカ【マツリカ(茉莉花) Arabian jasmine】

アラビアからインドにかけての地域原産の,モクセイ科の常緑小木。木は高さ3mほどでややつる性を帯びて半登攀(はんとうはん)性。葉は広卵形で7cm×3.5cmほど,対生または3枚が輪生する。花は枝の先にまばらに群がり,直径1.8~2.5cmの高坏(たかつき)状白色で佳香がある。熱帯では一年中開花する。午後から夕方にかけて,膨らんだつぼみを花弁を傷つけないように萼ごと摘みとり,うすく広げて乾燥する。乾燥した花を中国や台湾でウーロン茶の添香に用い,またジャスミン油が採取される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のマツリカ(茉莉花)の言及

【ジャスミン】より

…寛永年間(1624‐44)に渡来したといわれている。 マツリカ(茉莉花)(イラスト)はアラビアの原産で,香料植物として古くから有名である。高さ1~3mになる常緑低木。…

※「マツリカ(茉莉花)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マツリカ(茉莉花)の関連キーワードモクセイ(木犀)

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android