コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マトグロッソ州 マトグロッソMato Grosso

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マトグロッソ〔州〕
マトグロッソ
Mato Grosso

ブラジル中部西寄りの州。州都クイアバ。ブラジル高原の西部を占める州で,西はボリビアと国境を接する。中・北部はアマゾン川支流シング川タパジョス川などの上流域に,南部はラプラタ川水系パラグアイ川の上流域に属し,マトグロッソ高原とパレシス山脈が両水系の分水界をなす。大部分は標高 200~500mの丘陵地帯から成るが,南西部にはパンタナルと呼ばれる低湿地帯が広がる。サバナ気候で,5~9月が乾季。年降水量は 1300~1500mm。南部は林地性のサバナ地帯であるが,北部は熱帯雨林におおわれる。人口密度は低く,州都以外には都市も未発達。牧牛と農業が主産業。林業も盛んで,ゴム,薬用植物,木材などを産する。金,ダイヤモンド,鉄,ニッケル,白金などの鉱物資源があるが,開発は進んでいない。主要交通路は水路であるが,サンパウロから州都を経てサンタレンにいたるトランスアマゾン・ハイウェーが建設され,首都ブラジリアからペルー方面へ通じる幹線道路が南部を横断する。面積 90万 1421km2。人口 202万 581 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マトグロッソ州の関連キーワードシャパダドスギマランイスアラグァイニャ・ドームパンタナール縦断道路マトグロッソドスル州バロンデメルガッソギマランイス高原ポルトベリョグアポレ川クイアバ川ポコネ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android