コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マメタニシ(豆田螺) マメタニシ Parafossarulus manchuricus

1件 の用語解説(マメタニシ(豆田螺)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マメタニシ【マメタニシ(豆田螺) Parafossarulus manchuricus】

タニシを小型にしたような形をした淡水産のマメタニシ科の巻貝(イラスト)。殻は長卵形で,高さ1cm,幅0.6cm。やや薄いが堅固で,淡黄色~黄褐色をしている。巻きは5層で,各層には3本の螺肋(らろく)があり,体層では5本ある。殻口は卵形で,成貝ではその縁が厚くなっている。ふたは卵形で平たく石灰質。本州~九州,朝鮮半島,中国に分布し,水底のれきや藻類の上にすむ。春から夏に紐状の卵塊を産むが,その中に30~60個の卵が2列に並んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マメタニシ(豆田螺)の関連キーワード岩橋下に下に台状狆が嚔をしたよう煮染めるペンライト弓張り月天目鞘斗帳苦虫を噛み潰したよう

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone