コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マラムレシュ Maramureş

世界大百科事典 第2版の解説

マラムレシュ【Maramureş】

ルーマニア北東部の県。ティサ川を挟んで,対岸はウクライナ領である。面積6215km2,人口54万(1994)。7市,62町,227村からなり,主たる生業は林業と鉱業である。県都はバイア・マーレBaia Mare(人口15万,1994)。 東カルパチ山脈中のマラムレシュ山脈,ロドナ山脈などが県内を走り,ティサ川とその支流およびソメシュ川流域の盆地地帯を除けば,大部分は標高1000~2300mの山々の連なる地域である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

マラムレシュの関連キーワードマラムレシュ地方の木造教会群シゲトゥマルマツィエイポイエニレイゼイシュルデシュティトランシルバニアバイア・マーレバイアマーレデセシュティブデシュティプロピシュバイアマレサプンツァイエウドソルノクブルサナロゴス

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android