コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マラータ Marāthā

翻訳|Marāthā

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マラータ
Marāthā

インド,マハーラーシュトラ州の人口の過半を占めるカースト。またマハーラーシュトラ地方人一般を意味することもある。これは 17世紀以降マハーラーシュトラ地方が,いわば「民族」的まとまりと伝統とをもっていたことによる。すなわちマラータは 17世紀中葉,シバージーを指導者としてデカン・ムスリム諸王国やムガル帝国と戦い,1674年にマラータ王国を創始。 18世紀初頭にはムガル帝国に代ってインド最大の政治権力となった。その勢力範囲は東はベンガル,北はデリー北方にまで及び,プーナにいた宰相 (→ペーシュワー ) を中心として,諸地域に独立した勢力をもつ諸侯の間に連合を保ったが,1761年アフマッド・シャー・ドゥラーニーに敗れ,次いで 18世紀末~19世紀初頭に行われたマラータ戦争により衰退し,1818年にペーシュワーは廃され,その領土はイギリスに併合された。 19世紀末からはプーナ市を中心としてマラータの民族解放闘争が高揚し,M.ラーナデー,G.ゴーカレー,B.ティラクなどの著名な指導者を生み出した。このようにマラータは特殊な「民族」的なまとまりと伝統をもった集団としてインド政治に常に重要な役割を果してきた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

マラータ(Marāṭha)

インド中部、デカン高原から西海岸に至るマハラシュトラ地方に居住する種族。ヒンズー教徒で、中世以来独立を保持し、1674年、シバージーがマラータ王国を建設してムガル帝国と対抗。18世紀中ごろからは諸侯の連合体であるマラータ同盟を形成し、北インドにも勢力を伸長。1775年以来、イギリスの東インド会社と三度の戦争(マラータ戦争)を行ったが敗れ、1818年にイギリスの支配下に入った。マラーター。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

マラータ【Marāthā】

中部インドの西海岸に住むヒンズー教徒の種族。一七世紀中頃シバージーが出てムガル帝国と戦い、デカン地方に王国を創建。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

マラータの関連キーワードヘースティングズ(Francis Rawdon 1st Marquis of Hastings)ヘースティングズ(Warren Hastings)バーラージー・バージー・ラーオバーラージー・ビシュワナートマハーダージー・シンディアナーナー・ファドナビースバージー・ラーオ(1世)バージー・ラーオ(2世)バージー・ラーオ1世シャー・アーラム2世パーニーパットの戦いタンティア・トーピーバージー・ラーオ2世ホシャンガーバードシャニワールワーダナーナー・サーヘブコーンウォリスガーイクワールマイソール戦争ボンスレー家

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android