コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルウンカ マルウンカ Gergithus variabilis

2件 の用語解説(マルウンカの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルウンカ
マルウンカ
Gergithus variabilis

半翅目同翅亜目マルウンカ科。体長 (翅端まで) 5.5~6mm。全体に褐色,ほとんど半球形で,前翅は著しく丸みを帯びる。頭部は短く,頭頂に1対の四角形のへこみがある。前胸背も短く,小楯板 (しょうじゅんばん) とともに暗褐色を呈する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

マルウンカ

半翅目マルウンカ科Issidaeの昆虫の総称,またはそのうちの1種を指す。マルウンカ類はウンカ上科の中ではもっとも多くの種を含む科の一つで,世界中のほとんどの地域から1000種以上が報告されている。名のように丸い形をしたものが多く,とくにマルウンカ亜科Hemisphaerinaeの種は半球状で一見テントウムシに似た外観をしているが,クサビ型やアオバハゴロモのような形をしたものも多い。前翅は革質化している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マルウンカの関連キーワードセジロウンカトビイロウンカヒメトビウンカ同翅類ヒシウンカ浮塵子背白浮塵子鳶色浮塵子椿象長椿象

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone