コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルウンカ Gergithus variabilis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルウンカ
Gergithus variabilis

半翅目同翅亜目マルウンカ科。体長 (翅端まで) 5.5~6mm。全体に褐色,ほとんど半球形で,前翅は著しく丸みを帯びる。頭部は短く,頭頂に1対の四角形のへこみがある。前胸背も短く,小楯板 (しょうじゅんばん) とともに暗褐色を呈する。翅鞘 (前翅) は色彩の変化が多く,全体に黒化するものもある。後翅は小さく,飛ぶことはできない。各種の広葉樹上にすみ,本州,四国,九州,台湾に分布する。 (→同翅類 , 半翅類 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マルウンカ

半翅目マルウンカ科Issidaeの昆虫の総称,またはそのうちの1種を指す。マルウンカ類はウンカ上科の中ではもっとも多くの種を含む科の一つで,世界中のほとんどの地域から1000種以上が報告されている。名のように丸い形をしたものが多く,とくにマルウンカ亜科Hemisphaerinaeの種は半球状で一見テントウムシに似た外観をしているが,クサビ型やアオバハゴロモのような形をしたものも多い。前翅は革質化している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

マルウンカの関連キーワード肩広楔浮塵子黄星円浮塵子楔浮塵子円浮塵子

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android