コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マワシ まわし

世界大百科事典 第2版の解説

まわし【マワシ】

日本の声楽のフシのひとつ。用語としては,謡(うたい)でもっともよく用いられる。回しとも書く。ゴマ点二つあるいは三つ分の音価詞章の一音節を〈なア〉〈にイ〉などとうたい,かつ,生み字のア,イの部分で音の下降を伴うものをいう。したがって同じようにゴマ点二つ分,あるいはそれ以上の音価をもつものであっても,引キや振リなどは,音の下降を伴わない点で,マワシとははっきり区別される。マワシは,それがどの音階音上にあるか,ヨワ吟かツヨ吟か,〈入〉〈ハル〉などの記号と結合しているかいないか,などにより,実際のうたい方はさまざまに変化し,下降した結果も,出発音より低くなる場合と,下降して出発音に戻る場合とがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

マワシの関連キーワード引き付ける・引付ける・惹き付けるタルマワシ(樽廻)ケンサキイカタルマワシ淡路人形斑鳩・鵤イカル

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マワシの関連情報