コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンジュウボヤ Amaroucium pliciferum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンジュウボヤ
Amaroucium pliciferum

原索動物門尾索亜門ホヤ綱腸性目ポリクリニ科。小さな個虫がたくさん集って朱紅色のまんじゅう状の群体をつくる群体ボヤ。群体は長さ 12cm,高さ 5cmぐらいになり,じょうぶな寒天質の外皮の中に多数の細長い個虫がほぼ垂直に埋っている。個虫にじゅずのようなくびれが生じ,やがてくびれのところが切れていくつかの新しい個虫になり,それによって群体全体が大きく成長する。低潮線下の岩石などにつき,本州中部以南に分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マンジュウボヤ
まんじゅうぼや / 饅頭海鞘
[学]Amaroucium pliciferum

原索動物門尾索(びさく)綱腸性目ポリクリニ科の群体ボヤ。群体は、普通、まんじゅう形で、広さ12センチメートル×6センチメートル、厚さ約5センチメートルに達する。共同外皮は半透明で白色ないし淡紅色。密に分布する個虫が生時は橙(だいだい)色のため群体全体は赤っぽくみえる。個虫の入水孔は群体表面に開くが、出水孔は群体内部に広がる共同排出腔(こう)に開口する。多数の個虫が一つの排出腔を細長い楕円(だえん)形に取り囲み、排出腔はいくつかの排出孔で群体表面に開く。個虫は長さ20ミリメートルに達し、鰓嚢(さいのう)と囲鰓腔(いさいこう)を含む胸部、胃腸を含む腹部および生殖腺(せん)や心臓を含む長い後腹部に前後に三分される。鰓孔列数6(小群体に限る)から15。胃縦褶(いじゅうしゅう)24~30。腹部と後腹部が数珠(じゅず)のようにいくつにもくびれ、そのおのおのが新しい個虫になる形式の無性生殖で群体が広がる。日本では、北海道以南の日本海岸および相模(さがみ)湾以南の太平洋岸や瀬戸内海の、潮間帯から潮下帯に生息し、さらに朝鮮半島や、ハワイを含む西太平洋各地にも分布する。[西川輝昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

マンジュウボヤの関連キーワードマンジュウボヤ(饅頭海鞘)ホヤ類

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android