コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マントル対流説 マントルタイリュウセツ

デジタル大辞泉の解説

マントルたいりゅう‐せつ〔‐タイリウ‐〕【マントル対流説】

マントル内にきわめて緩やかな熱対流が存在し、これが地殻運動の原動力になっているという説。1930年代に英国のA=ホームズらが造山運動や海嶺・海溝の形成、大陸移動などを説明するために提唱。→プルームテクトニクス

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

マントル対流説【マントルたいりゅうせつ】

マントル熱対流説とも。地球のマントル内に熱対流が存在し,それが地殻運動のおもな原因をなすとする説。造山運動の原因を説明する収縮説に代わるものとして1930年代から現れていたが,本格的には1958年にオランダの地球物理学者ベニング・マイネスが地球上の種々の造構造作用をこの立場から総合的に論じたのに始まり,海洋底拡大説へ発展。
→関連項目収縮説

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

マントルたいりゅうせつ【マントル対流説】

マントル内に考えられる非常にゆっくりとした熱対流が、地殻に力を及ぼして大陸移動や造山運動などを起こしたとする仮説。1930年頃イギリスのホームズ(A. Holmes1890~1965)らによって提唱された。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

マントル対流説の関連キーワードホームズ(Arthur Holmes)プレートテクトニクスアーサー ホームズ中央海嶺地向斜

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android