コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マーコビッツ Markowitz,Harry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マーコビッツ
Markowitz,Harry

[生]1927.8.24. イリノイ,シカゴ
アメリカの経済学者。 1954年シカゴ大学卒業。エール大学およびランド社,IBMのワトソン・リサーチ・センターなどを経て,カリフォルニア大学金融学教授,ニューヨーク市立大学教授,東京大学客員教授。 91年からロンドン・スクール・オブ・エコノミクス教授。経済分析などに使われるシムスクリプトと呼ばれるプログラム言語を開発。アメリカ金融協会会長 (76) もつとめた。ポートフォリオ理論の実際性を証明し,M.H.ミラー,ランド社で出会った W.F.シャープとともに 90年ノーベル経済学賞受賞。主著に『ポートフォリオ選択』 Portfolio Selection (1959) ,『ポートフォリオ選択における平均分散分析と資本市場』 Mean-variance Analysis in Portfolio Choice and Capital Markets (87) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マーコビッツの関連キーワードハリー マーコビッツ資産選択の理論金融論

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android