コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マールワ マールワ Mālwa

2件 の用語解説(マールワの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マールワ
マールワ
Mālwa

インド中央西部,マールワ高原を中心とする地域。土地が肥沃で,南北交通の要衝にあたるため,古くから繁栄した。ここには 10世紀以後パラマーラ朝が栄えたが,1235年デリームスリム王朝に破られた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

マールワ【Mālwa】

インド中西部,マディヤ・プラデーシュ州南西端一帯の地方名。古名マーラバMālava。その範囲は歴史的にも一定しないが,ビンディヤ山脈とその北麓に広がるデカン高原の前山部を指す。標高400~600mの台地からなる。北はほぼ北緯23゜30′までをいうが,南はナルマダー川の河谷平野を含ませる場合もある。黒色綿花土に覆われた肥沃な農業地帯で雑穀,綿花,小麦などの産が多い。ガンガー(ガンジス)川中・上流域とアラビア海およびデカン高原とを結ぶ幹線交通路が走り,とくに古代・中世史において重要な役割を果たした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マールワの関連キーワードサーガルジャバルプルチャッティスガールマディヤプラデシュナルマダー[川]マハナディ[川]ドゥルグ・ビライナガルバゲールカンドブンデールカンドマディヤ・プラデーシュ[州]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone