ミグアシャ国立公園(読み)ミグアシャこくりつこうえん

世界遺産詳解の解説

ミグアシャこくりつこうえん【ミグアシャ国立公園】

1999年に登録されたカナダの世界遺産(自然遺産)で、ケベック州のガスペ半島に位置する、面積が87万3000m2の国立公園。同半島は北アメリカ大陸の中部、セント・ローレンス川河口の南岸に位置している。この国立公園は、古生代デボン紀の化石が出土する発掘地として世界的に有名である。今から約4億800万~3億6000万年前のデボン紀は別名「魚類の時代」と呼ばれるほど、多数の魚類が進化・出現した時代だが、デボン紀の代表的な魚類とされている8種のうち、6種の魚の化石がここで出土している。特に、最初に四足歩行して陸上に進出した肺魚といわれているユーステノプテロンの化石が多く見つかっていて、これらの化石は、公園併設の自然歴史博物館に展示されている。◇英名はMiguasha National Park

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android