ミシガン[州](読み)ミシガン

百科事典マイペディアの解説

ミシガン[州]【ミシガン】

米国,五大湖地方の州。略称Mich.,MI。ミシガン湖により,上部半島と下部半島に分けられる。全体に低い丘陵性の台地で,氷食が著しい。デトロイトを中心とする自動車工業は世界的に有名で,州の最重要産業。ゼネラル・モーターズフォード・モーターの本社がある。ほかに各種機械,化学,食品加工などの工業がある。農業の主体は酪農でチーズ,バターが生産され,ジャガイモ,小麦,テンサイ,リンゴ,大豆などの生産も多い。スペリオル湖に面する上部半島は未開発の森林であるが,鉄鉱石石灰岩など鉱産が豊富。1668年最初の植民,1837年連邦加入。州都ランシング。最大都市デトロイト。25万487km2。990万9877人(2014)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ミシガン[州]【Michigan】

アメリカ合衆国中西部の自動車工業州。略称Mich.。連邦加入1837年,26番目。面積15万0779km2,人口959万(1996)。州都ランシング,最大都市デトロイト。州名は〈大きな湖〉という意味のチペワ・インディアン語に由来する。その名のとおり,ミシガン湖,ヒューロン湖にかこまれ,南北二つの半島からなっている。上部(北部)半島はスペリオル湖にも面し,山地,丘陵が多いが,下部(南部)半島は低い丘陵と平地が続く。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android