コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミズハコベ Callitriche verna; water starwort

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミズハコベ
Callitriche verna; water starwort

アワゴケ科の一年草。日本全土,東アジア,ヨーロッパ北アメリカに広く分布する。池,水田,湿地など水中に生える。茎は細く,群生する。葉は対生し全縁で,水中葉は長さ 1cmほどの線形でただ1本のがあり,水上葉は長楕円形で3本の脈をもつ。雌雄同株で,5~11月に,葉腋に白色の小さい花をつける。萼と花弁はなく雄花おしべ1本,雌花めしべ1本だけがあり,どちらも1対の包葉に抱かれている。果実は扁平な楕円形で先はへこみ,縁に少し翼が出る。全体がミゾハコベに似ているが果実が球形でないことで区別できる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミズハコベ
みずはこべ / 水
[学]Callitriche palustris L.

アワゴケ科の一年草。茎は軟弱で長さ10~20センチメートル。葉は対生し、線形またはへら状倒卵形で長さ0.5~1センチメートル、幅1~5ミリメートル。初夏から秋、葉腋(ようえき)ごとに小花を1個開く。雄花は2枚の包葉と1本の雄しべ、雌花は2枚の包葉と1本の雌しべからなる。日本、および北半球の温帯に広く分布する。名は、水湿地に生え、ハコベを思わせることによるが、ナデシコ科のハコベとはまったく関係がない。[山崎 敬]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のミズハコベの言及

【アワゴケ】より

…コロニーをつくって生育している状態を,“泡立っている”ことに見立ててアワゴケ(泡苔)の名がついた。 アワゴケ科Callitrichaceaeはアワゴケ属1属から成り,多年生で水田雑草になったり,沼地などにも生じる水草であるミズハコベC.fallax Petrovが日本に分布する。しかし全種数は20種あまりの小さな植物群で,系統的な類縁はよくわかっていない。…

※「ミズハコベ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ミズハコベの関連キーワードアワゴケ科山崎

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android