コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミゾシダ(溝羊歯) ミゾシダLeptogramma pozoi ssp. mollissima

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミゾシダ(溝羊歯)
ミゾシダ
Leptogramma pozoi ssp. mollissima

オシダ科の夏緑性シダ植物。日本,朝鮮半島から中国を経てインド,スリランカにまで広く分布する。山野の林下にごく普通に生える。植物体全体に単細胞または多細胞の毛がやや密にある。根茎は匍匐し,葉は多少込合ってつける。葉は長さ 50cm前後になり,葉身は1回羽状複葉ないし2回羽状深裂で,下部の羽片は通常短くなるが,ときに最下羽片が著しく長くなることがある。葉の形は通常長楕円形であるが,変形に富む。胞子嚢群は葉脈に沿って細長くつき,包膜を欠く。胞子嚢には毛がある。胞子は両面体型。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android