コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミドルウェア ミドルウェア

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミドルウェア
みどるうぇあ
middleware

OS(オペレーティングシステム)とアプリケーション・ソフトウェアの間にあって、特定の機能を提供するソフトウェア。アプリケーションと同様にOS上で動作するが、あくまで両者の機能を補佐する役割であるため、中間にあるソフトウェアという意味でミドルウェアとよばれる。一般的に、単独で利用されることはない。
 OSの機能が汎用性の高いものが中心であるのに対して、より高度で専門性が高い機能やサービスをさまざまなアプリケーションに提供しているのがミドルウェアである。また、複数のOSやハードウェアの違いを吸収することで、異なるプラットフォームでも同じアプリケーションが動作できる環境を提供する製品もある。
 種類としては、データベースのデータ形式や利用手順を標準化するデータベース管理システム(DBMS)、アプリケーションの実行を管理するアプリケーションサーバー、ウェブページを管理するウェブサーバー、トランザクション処理(複数の処理を一つの単位として管理するしくみ)の監視と制御を行うトランザクションモニター(TPモニター)などがある。ほかにデータ連携など高機能化を実現する製品や組み込みシステムなどOSの機能が限られている環境でGUIやファイル管理システムを提供するものもある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミドルウェアの関連情報