コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミナミゾウアザラシ Mirounga leonina; southern elephant seal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミナミゾウアザラシ
Mirounga leonina; southern elephant seal

食肉目鰭脚亜目アザラシゾウアザラシ属。雄は体長約 5.8m,体重3~5t,雌は体長約 3m,体重 400~800kgになる。出生体長は約 1.3m,出生体重は 40~50kgである。体毛の色は銀灰色で,雄は老成すると顔面および頭部が淡色となる。出生仔は黒色で,生後約3週間で換毛し銀灰色に抜け替る。体は長くたくましく,頸部はきわめて太い。頭部,鼻口部,下顎は幅が広い。成熟した雄はゾウの鼻のような肉厚の鼻を有し,通常は口の前で垂れ下がっているが,ふくらませることができる。前肢の指先には大きな黒茶色の爪がある。門歯は上顎4本,下顎2本,犬歯は上顎と下顎に各2本,頬歯は上顎と下顎に各 10本である。なわばりはつくらないが,大きな一夫多妻の集団をなす。雄は繁殖期には絶食し多くの雌を確保するために,繰返し闘争し吠える。イカ類,タコ類および魚類を捕食する。亜南極収束線以南に周極分布し,氷縁の季節的な北上に伴って,特に亜南極地方の島々へ,繁殖と換毛のために移動する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミナミゾウアザラシ
みなみぞうあざらし / 南象海豹
southern elephant seal
[学]Mirounga leonina

哺乳(ほにゅう)綱鰭脚(ききゃく)目アザラシ科の動物。北半球カリフォルニア海域に分布するキタゾウアザラシの姉妹種で、2種でゾウアザラシ属を形成する。性的二型が発達した大形種、雄4.4メートル、雌2.5メートル。南極海に分布し、サウス・ジョージア島などの洋上の小島で一夫多妻型の繁殖活動を行う。キタゾウアザラシ同様多獲されたが、保護の結果60万頭まで回復。イカ、魚を捕食する。大回遊はしない。[内藤靖彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のミナミゾウアザラシの言及

【アザラシ(海豹)】より

… 体の大きさは分布と関係している。南極海のように食物が豊富なところに分布するアザラシは大型で,ミナミゾウアザラシの雄は体長4.4m,体重3.2t,雌は体長2.8m,体重680kgになる。ヒョウアザラシも雌雄ともに体長2.7m,体重500kgになる。…

【ゾウアザラシ(象海豹)】より

…アザラシの中で最大。北半球にキタゾウアザラシM.angustirostrisと南半球にミナミゾウアザラシM.leonina(イラスト)の2種がある。二次性徴的に垂れ下がるほどに長くなった雄の鼻の形に由来する。…

※「ミナミゾウアザラシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ミナミゾウアザラシの関連キーワードゾウアザラシ(象海豹)鰭脚類(ひれあしるい)日本のおもな水族館キタゾウアザラシマッコーリー島バルデス半島みなぞうハード島象海豹丸子

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android