コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミノガ ミノガ Psychidae; bagworm moth

3件 の用語解説(ミノガの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミノガ
ミノガ
Psychidae; bagworm moth

鱗翅目ミノガ科の昆虫の総称。幼虫は糸を吐いて蓑状の筒巣をつくってその中にすむので蓑虫と呼ばれる。幼虫の体はわずかに刺毛が散在するだけで裸に近く,胸脚は発達するが腹脚は鉤になっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ミノガ

鱗翅(りんし)目ミノガ科の昆虫の総称。その1種オオミノガは大型でよく目立ち,日本全土,朝鮮,中国などに分布。雄は開張35mm内外,暗褐色,雌は翅がなく蛆(うじ)状。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミノガ
みのが / 蓑蛾
bagworm moth

昆虫綱鱗翅(りんし)目ミノガ科Psychidaeのガの総称。全世界に分布するガで、幼虫が蓑(みの)(ポータブルケース)をつくってその中にすむ、いわゆるミノムシで、成虫はミノガとよばれている。はねの開張10ミリ以下から40ミリに達するものまである小形種から中形種。はねの形はさまざまであるが、豊かな色彩や斑紋(はんもん)をもつ種はなく、はねが透明な種を除いてすべて茶褐色、黒褐色あるいは黒色をしている。夜間、灯火に飛来することは少なく、昼間飛ぶ種が多い。この科の雄成虫はすべてはねをもち、一般のガと変わりがないが、雌の特徴から三つのグループに大別することができる。すなわち、雌が雄と同じように二対のはねと三対の脚(あし)を有するもの、はねはないが脚を有するもの、はねも脚もないものである。はねのない雌は、成虫になると自分の殻から半身を乗り出すか、蓑の外側で交尾のために飛来する雄を待つが、はねも脚もない雌は蓑の中で飛来した雄と交尾し、蓑の中に産卵する。したがって、雄の腹部はよく伸長できるようになっている。幼虫は種ごとに独特の材料で独特の蓑をつくり、上方の開口部から頭や胸を出して餌(えさ)をとる。蓑の材料は、食樹の小枝、茎、葉などを糸で綴(つづ)るが、コケや地衣類に寄生する小形種のなかには、植物片や土片を表面に付着させるものもある。
 日本には現在20種ほどしか知られていないが、コケや地衣類につく微小種で未発見のものが多く、今後、研究が進むと日本産は40種を超えるものと推定される。ごく普通にみかける最大のオオミノガは、幼虫が庭木、街路樹、果樹などに寄生し、発生量の多いときはかなりの被害がある。各種の樹木や低木につくチャミノガは、前種と同様に害虫であり、チャ畑で発生することがある。[井上 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミノガの関連キーワード蝙蝠蛾尺蛾透翅蛾毒蛾虎蛾水虻蓑蛾広頭小蛾シャクガ(尺蛾)ミノガ(蓑蛾)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミノガの関連情報