コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミミズトカゲ Amphisbaenidae; ringed lizard; worm lizard

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミミズトカゲ
Amphisbaenidae; ringed lizard; worm lizard

トカゲ目ミミズトカゲ科に属する動物の総称。全長 35~40cm。体は円筒形で細長く,外観がミミズによく似る。原則として四肢を欠き,まぶたも耳孔もなく,地中で生活する。内臓の構造がほかのトカゲ類と違うだけでなく,移動するときにも体を上下にくねらせて進むので,トカゲ目のなかでも非常に特異な存在になっている。 100種以上を含み,おもに南アメリカとアフリカに分布するが,北アメリカなどにすむ種もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ミミズトカゲ

ミミズトカゲ亜目に属する爬虫類の総称。爬虫類中,唯一地下生活のまま一生をすごす。名前のとおり,形も生態もミミズに似る。北米の亜熱帯地方,西インド諸島,南米,アフリカ,イベリア半島,アジア西部に140種が生息する。ほとんどが,全長15〜35cmほどだが,なかには75cmに達するものもある。英名は〈アンフィスバエナ〉というが,これは古代ギリシアより信じられていた,双頭の怪物の名前。ミミズトカゲが,尾と頭の区別がつきにくい姿をしていることによる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミミズトカゲ
みみずとかげ
worm lizard

爬虫(はちゅう)綱有鱗(ゆうりん)目ミミズトカゲ科に属するトカゲの総称。この科Amphisbaenidaeの仲間は、約17属30種がアフリカ、イベリア半島、南アメリカ、西インド諸島に分布する。全長約30~60センチメートル。体は円筒形のミミズ型で多くの環状のしわがあり、尾がきわめて短く四肢を欠く。耳孔がなく、成体では目が皮膚の下に隠れる。地中性で、堅い頭骨をもつ頭部を上下に振ってトンネルを掘る。近縁であるが別科に分けられるメキシコ産のアホロテトカゲBipes biporusのみに土掘り用の前肢が発達している。ともに餌(えさ)は地中性の昆虫である。北アフリカなどには別科であるフトミミズトカゲ科の4属6種が分布する。[松井孝爾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ミミズトカゲの関連キーワードアホロテトカゲハリネズミ

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android