コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミミズトカゲ ミミズトカゲ Amphisbaenidae; ringed lizard; worm lizard

3件 の用語解説(ミミズトカゲの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミミズトカゲ
ミミズトカゲ
Amphisbaenidae; ringed lizard; worm lizard

トカゲ目ミミズトカゲ科に属する動物の総称。全長 35~40cm。体は円筒形で細長く,外観がミミズによく似る。原則として四肢を欠き,まぶたも耳孔もなく,地中で生活する。内臓の構造がほかのトカゲ類と違うだけでなく,移動するときにも体を上下にくねらせて進むので,トカゲ目のなかでも非常に特異な存在になっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ミミズトカゲ

ミミズトカゲ亜目に属する爬虫類の総称。爬虫類中,唯一地下生活のまま一生をすごす。名前のとおり,形も生態もミミズに似る。北米の亜熱帯地方,西インド諸島,南米,アフリカイベリア半島アジア西部に140種が生息する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミミズトカゲ
みみずとかげ
worm lizard

爬虫(はちゅう)綱有鱗(ゆうりん)目ミミズトカゲ科に属するトカゲの総称。この科Amphisbaenidaeの仲間は、約17属30種がアフリカ、イベリア半島、南アメリカ、西インド諸島に分布する。全長約30~60センチメートル。体は円筒形のミミズ型で多くの環状のしわがあり、尾がきわめて短く四肢を欠く。耳孔がなく、成体では目が皮膚の下に隠れる。地中性で、堅い頭骨をもつ頭部を上下に振ってトンネルを掘る。近縁であるが別科に分けられるメキシコ産のアホロテトカゲBipes biporusのみに土掘り用の前肢が発達している。ともに餌(えさ)は地中性の昆虫である。北アフリカなどには別科であるフトミミズトカゲ科の4属6種が分布する。[松井孝爾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミミズトカゲの関連キーワードアシナシトカゲ足無蜥蜴大蜥蜴飛蜥蜴毒蜥蜴やい トカゲトカゲ(蜥蜴)ドクトカゲ(毒蜥蜴)ヒレアシトカゲ(鰭脚蜥蜴)ミミズアシナシトカゲ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミミズトカゲの関連情報