コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミヤマカミキリ ミヤマカミキリMallambyx raddei

2件 の用語解説(ミヤマカミキリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミヤマカミキリ
Mallambyx raddei

鞘翅目カミキリムシ科。体長 34~56mm。体は太く,黒褐色ないし黒色で,背面に黄灰色の微毛が密生する。前胸背にはあらい横皺がある。上翅端は丸いが,内縁は斜めに切断状で会合部はとがる。成虫は夏季出現し,樹液などに集る。幼虫はクリ,クヌギ,ナラ,カシ,イチジク,クワ,キリなどの樹幹に穿孔食害する。北海道,本州,四国,九州,朝鮮,中国,シベリアに分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミヤマカミキリ
みやまかみきり / 深山天牛
[学]Massicus raddei

昆虫綱甲虫目カミキリムシ科に属する昆虫。日本各地に産し、朝鮮半島東シベリア、中国にも分布する。体長34~57ミリメートルの大形の種類で、体は黒色であるが、灰黄色の短毛を密布しており、下面の毛はやや長く淡色。前胸は中央が横へ膨らみ、背面に強い横じわがあるのが特徴。触角は雄では体よりかなり長く、雌では体よりやや短い。成虫は夏に現れ、夜間に活動し、シイやカシ類の樹木に集まり、幼虫はそれらの生木の内部を食害する害虫で、4年目に蛹(さなぎ)を経て成虫となる。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone