コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミーエン Meighen, Arthur

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミーエン
Meighen, Arthur

[生]1874.6.16. オンタリオ,アンダーソン近郊
[没]1960.8.5. トロント
カナダの政治家。トロント大学で数学を専攻。のち法学を学び,ウィニペグで弁護士をつとめた。 1908年下院議員。第1次世界大戦中の連立内閣で示した業績により,20年7月首相。首相在任期間 (1920.7.~21.12.,26.7.~26.9.) は短かったが,21年夏のイギリス帝国会議でカナダ・ナショナリズムの立場から日英同盟廃棄を主張した。主著"Oversea Addresses" (21) ,"Unrevised and Unrepented" (49) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ミーエン【Arthur Meighen】

1874‐1960
カナダの首相。在職1920‐21年,26年。保守党に所属。ウィニペグで法律を修めたのち,1908年カナダ下院に選出されて政界に入る。R.L.ボーデン内閣の内相としてウィニペグ・ストライキの鎮圧に尽力。ボーデンの引退とともに首相となり,21年のイギリス帝国会議で日英同盟終結を勧告した。26年にはキング内閣の辞職で組閣をするが,総選挙で敗れ短命内閣に終わった。27年党首をR.B.ベネットに譲り,41年引退。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ミーエンの関連キーワードリチャード・ベッドフォード ベネットウィニペグ・ストライキ6月16日

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android