ムスリム(読み)むすりむ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムスリム(民族概念)
むすりむ
Muslimaniセルビア・クロアチア語

旧ユーゴスラビアで用いられた独自の民族概念。英語ではモスレム人Moslemという。イスラム教徒を意味するムスリムが民族概念に転用された特殊な例である。旧ユーゴスラビア時代の1981年の国勢調査によると、民族帰属は自己申告制であるが、ムスリム人は同国総人口の8.8%、約200万人、その大部分がボスニア・ヘルツェゴビナ共和国に居住している。このほか、セルビアやマケドニアにも居住している。1991年の国勢調査によると、ボスニア・ヘルツェゴビナ共和国の総人口の43.7%、約190万人である。ムスリム人は、もともとオスマン帝国統治下のボスニアでイスラムに改宗した南スラブのクロアチア人かセルビア人である。旧ユーゴスラビアでは第二次世界大戦後、社会主義体制とともに連邦制がしかれ、イスラム教徒、セルビア人、クロアチア人の混住地域であるボスニア・ヘルツェゴビナが一共和国として承認された。イスラム教徒は約40%と最大多数を占めており、国勢調査の際、セルビア正教のセルビア人でもカトリックのクロアチア人でもないことを主張し、民族としてのムスリムを主張していた。1961年の国勢調査から、「民族的帰属としてのムスリム」が承認され、1971年の国勢調査からムスリム人がユーゴスラビア第6の民族として承認された。もっとも、三者とも言語面では共通してセルビア・クロアチア語を用いており、外観の相違もみられなかった。しかし、1992年から始まるボスニア内戦の過程で、「セルビア人共和国」を別として、アメリカの主導により1994年に、ムスリム人とクロアチア人勢力からなる「ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦」が形成された。ボスニア内戦を通して、民族浄化が進行し、民族的な住み分けが進んだこともあり、これ以後、ムスリム人にかわってボスニア人(ボシュニャク)という民族概念が用いられるようになった。これに伴って、ボスニア・ヘルツェゴビナの言語はボスニア語とセルビア語とクロアチア語の3言語とされるようになった。[柴 宜弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ムスリムの関連情報