コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムチモ(鞭藻) ムチモCutleria cylindrica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムチモ(鞭藻)
ムチモ
Cutleria cylindrica

褐藻類ムチモ目ムチモ科の海藻。春に潮間帯にみられる。藻体は疎に枝分れした長い鞭の形をしている。この藻の表面に褐色の塊のようなものが付着するが,これは有性生殖器官を生じる小枝の集りである。雌雄異体で,ある株のものには生卵器を生じ,ある株のものには造精器をつける。なお,この藻の無性世代は初め Aglaozoniaと称し,別種の藻として扱われたので有名であるが,上述の有性世代に比して著しく小型の薄い葉状体である。本州太平洋岸中南部,瀬戸内海,九州西・北岸に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ムチモ【ムチモ(鞭藻) Cutleria cylindrica Okamura】

体は円柱状で細長く,長さ30~50cmになり,先端に多数の小毛を総状につけて馬のむちを思わせる形状の褐藻(イラスト)。叉(さ)状に分枝し,老成すると総状の小毛は脱落する。日本および韓国沿岸に分布し,日本では太平洋沿岸中南部,瀬戸内海および九州沿岸の低潮線付近の岩上またはタイドプールに,春から初夏に生育する。晩春のころに体の表面に暗褐色のいぼ状突起が一面に形成されるが,これは有性生殖器官で,これから泳ぎ出た雌雄の配偶子は接合すると発芽して岩にへばりつく盤状発生体となる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ムチモ(鞭藻)の関連キーワードAglaozonia