コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムヨウラン Lecanorchis japonica Bl.

2件 の用語解説(ムヨウランの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ムヨウラン【Lecanorchis japonica Bl.】

常緑広葉樹林下に生える日本特産の腐生ラン(イラスト)。根茎はやや太くて長い。茎は高さ20~40cm,緑葉がなく,下部に鱗片葉がある。5~6月,茶褐色の花を5個前後開く。花は半開する。花被片は癒合せず,萼片と花弁はほぼ同形で長さ15~20mm。唇弁は中央に小裂片があり,先端の部分は肉質の毛が密生する。本州,四国,九州に分布し,特に利用されることはない。 ムヨウランLecanorchisは,子房と花被片の間に副萼と呼ばれる付属器官をもつこと,中軸胎座,単粒の花粉の存在などから,ラン科の中では比較的原始的な属と考えられており,東南アジアを中心に約20種が報告されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムヨウラン
むようらん / 無葉蘭
[学]Lecanorchis japonica Bl.

ラン科の多年草。腐生ランの一種で葉緑素はなく、葉は鱗片(りんぺん)状に退化する。5~6月、地下の細長い根茎から高さ20~40センチメートルの花茎を出し、花を数個開く。花冠は黄褐色で、やや下向きに半開する。萼片(がくへん)、花弁はともに倒披針(とうひしん)形で長さ1.5~2センチメートル、唇弁は基部で蕊柱(ずいちゅう)と合着し、先端から中央にかけて毛を密生する。暖温帯の林床に生え、本州から九州に分布する。[井上 健]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ムヨウランの関連キーワード黄色土夏緑樹林広葉樹林常緑樹赤色土樹林低地帯二葉蘭布袋蘭革茸

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ムヨウランの関連情報