コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムライト mullite

大辞林 第三版の解説

ムライト【mullite】

酸化アルミニウムと二酸化ケイ素との化合物。高温で安定。天然にはまれで、スコットランドのムル島の接触変成岩中に産する。磁器には、普通に存在。粘土と酸化アルミニウムとから焼成されるムライト磁器は、理化学用・調理用磁器、点火プラグなどに用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ムライト【mullite】

化学成分Al6Si2O13の鉱物。ただしAl/Si比は3から4まで変化しうる。斜方晶系,長柱状ないし針状の結晶形を示す。ケイ線石とよく似た結晶構造をもち{010}に完全なへき開がある。無色透明,ガラス光沢をもち,比重約3.16,モース硬度7.5。SiO2‐Al2O3系では,広い組成範囲で固溶体を形成し,常圧下では,常温から1850℃で溶融するまでの広い温度領域で安定に存在する。高温領域で安定な,唯一のアルミノケイ酸塩であり,紅柱石,ラン晶石,ケイ線石を常圧で加熱すると容易に生成される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ムライトの関連キーワードPENCO ジェムライトボールペンジェラルディン チャップリントックリバチ(徳利蜂)ロバート オルドリッチDVDリライタブルバスター キートンケイ酸アルミニウムサニディナイト相酸化アルミニウムクレア ブルームセラミック繊維ピンクファイブエグレフスキーヌンムライトライムライトトックリバチワディダウカチャップリン二酸化ケイ素ルームランプ