コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムーランの画家 ムーランのがかMaître de Moulins

3件 の用語解説(ムーランの画家の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムーランの画家
ムーランのがか
Maître de Moulins

1480~1500年頃に活躍したフランスの画家。ムーラン大聖堂の三翼大祭壇画『聖母子』 (1498頃) の作者で,姓名不詳のためこう呼ばれているが,かつてはジャン・ペレアル,最近ではリヨンの画家でムーランのボージュー家の宮廷に仕えたジャン・プレボーと同一視する説がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ムーランのがか【ムーランの画家 Maître de Moulins】

フランスの画家。生没年不詳。1480‐1500年ころ中部フランスで活動し,ブルボン公家,フランス王家のために制作した。代表作《ムーラン大聖堂の三連祭壇画》(1498ころ)にちなんで,こう命名された。初期作品としてロラン枢機卿の《降誕》(1480ころ)がある。ファン・デル・フースとJ.フーケの影響を示すこの画家を,15世紀末に活動し史料に名ののこるペレアルJean PerréalやプレボーJean Prévostと同定する試みもなされたが,現在では《エッケ・ホモ》(1494)に署名をのこすエーJean Hey(Hay)とする説が様式比較により有力視されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムーランの画家
むーらんのがか
Matre de Moulins

生没年未詳。フランスの画家。1480~1500年ごろ中部フランスで活躍。ブルボン公の注文によるモニュメンタルな代表作、ムーラン大聖堂の三連祭壇画(1498ころ)にちなんでこうよばれる。この画家を比定する試みとして、ジャン・ペレアルJean Perralやジャン・プレボーJean Prvostの名があげられたが、様式的類似から『エッケ・ホモ』(ブリュッセル王立美術館)に署名を残すネーデルラント出身のジャン・エイJean Heyとする説が近年有力である。この画家の作品とされる作品は数点現存するが、初期作品の『ロラン枢機卿(すうききょう)の降誕図』(1480ころ、オータン、ロラン美術館)などに、ヒューホ・ファン・デル・グースからの明らかな影響がみられ、写実的な細部描写や図像にネーデルラント絵画の伝統を示す。一方、明快な構成と単純化された形態の表現はジャン・フーケに通ずるフランス的特徴である。フーケの芸術を受け継ぐ、15世紀後半のフランスにおけるもっとも際だった画家の1人である。[保井亜弓]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ムーランの画家の関連キーワードスペイン音楽コロンブ大村氏奥多摩中距離競走清原宣賢後柏原天皇エル・ドラドバルボサ九州地方

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone