コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムーランの画家 ムーランのがかMaître de Moulins

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムーランの画家
ムーランのがか
Maître de Moulins

1480~1500年頃に活躍したフランスの画家ムーラン大聖堂の三翼大祭壇画『聖母子』 (1498頃) の作者で,姓名不詳のためこう呼ばれているが,かつてはジャン・ペレアル,最近ではリヨンの画家でムーランのボージュー家の宮廷に仕えたジャン・プレボーと同一視する説がある。 1475~1500年頃パリまたはリヨンで制作。上記の祭壇画との様式的類似から,『ヨアキムとアンナの出会い』 (ロンドン,ナショナル・ギャラリー) ,『キリストの降誕』 (1480頃,オータン,ロラン美術館) ,『寄進者を伴うマグダラのマリア』 (90頃,ルーブル美術館) その他が彼の作とされている。画風は H.グースの影響を受け,また後期には J.フーケとの類似性がみられ,モニュメンタルな人物構図と明澄な彩色を特色とする。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ムーランのがか【ムーランの画家 Maître de Moulins】

フランスの画家。生没年不詳。1480‐1500年ころ中部フランスで活動し,ブルボン公家,フランス王家のために制作した。代表作《ムーラン大聖堂の三連祭壇画》(1498ころ)にちなんで,こう命名された。初期作品としてロラン枢機卿の《降誕》(1480ころ)がある。ファン・デル・フースとJ.フーケの影響を示すこの画家を,15世紀末に活動し史料に名ののこるペレアルJean PerréalやプレボーJean Prévostと同定する試みもなされたが,現在では《エッケ・ホモ》(1494)に署名をのこすエーJean Hey(Hay)とする説が様式比較により有力視されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムーランの画家
むーらんのがか
Matre de Moulins

生没年未詳。フランスの画家。1480~1500年ごろ中部フランスで活躍。ブルボン公の注文によるモニュメンタルな代表作、ムーラン大聖堂の三連祭壇画(1498ころ)にちなんでこうよばれる。この画家を比定する試みとして、ジャン・ペレアルJean Perralやジャン・プレボーJean Prvostの名があげられたが、様式的類似から『エッケ・ホモ』(ブリュッセル王立美術館)に署名を残すネーデルラント出身のジャン・エイJean Heyとする説が近年有力である。この画家の作品とされる作品は数点現存するが、初期作品の『ロラン枢機卿(すうききょう)の降誕図』(1480ころ、オータン、ロラン美術館)などに、ヒューホ・ファン・デル・グースからの明らかな影響がみられ、写実的な細部描写や図像にネーデルラント絵画の伝統を示す。一方、明快な構成と単純化された形態の表現はジャン・フーケに通ずるフランス的特徴である。フーケの芸術を受け継ぐ、15世紀後半のフランスにおけるもっとも際だった画家の1人である。[保井亜弓]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ムーランの画家の関連キーワードネーデルラントフランス美術エッケ・ホモ

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android