コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メガネグマ Tremarctos ornatus; spectacled bear

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メガネグマ
Tremarctos ornatus; spectacled bear

食肉目クマ科。体長 1.2~1.8m。全身黒ないし黒褐色で,眼のまわりに白い模様がある。頸の下から胸にかけても白色斑があるが,これが消失しているものもある。雑食性であるが,植物質を好むといわれる。南アメリカにすむ唯一のクマで,ベネズエラコロンビアエクアドルペルーなどに分布し,標高 3000mぐらいまでの森林にみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メガネグマ
めがねぐま / 眼鏡熊
spectacled bear
[学]Tremarctos ornatus

哺乳(ほにゅう)綱食肉目クマ科の動物。目の周りの白い斑紋(はんもん)が眼鏡をかけたようにみえるので、この名がある。南アメリカに分布する唯一のクマで、コロンビアからチリ北部までのアンデス山脈の主として太平洋側に生息する。頭胴長1.5メートル、体重140キログラムになる。毛は黒く粗い。主として植物質、とくにヤシ類の若芽を好んで食べ、上手にヤシに登るといわれる。[渡辺弘之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

メガネグマの関連キーワードマチュリオリオアビセオ国立公園ワスカラン国立公園ネバダ山脈国立公園サンガイ国立公園アンデス山脈新熱帯区

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android