コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メガ めが

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

メガ

10の6乗を味する単位の接頭語で、Mと表記する。コンピューターの分野では2進数が基本となるため、2の10乗が10の3乗の代わりに使われるので、メガというと2の20乗をいう。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

メガ

100万,つまり106倍を意味するSI接頭語。記号M。メガヘルツ,メガオームなど。→国際単位系

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

メガ【mega】

ある量を表すときの単位につける接頭語で,106倍の意味。記号にはMを用いる。国際単位系(SI)でSI接頭語の一つとして採用されている。例えば,周波数5×107Hz(ヘルツ)は50MHz(メガヘルツ)と表せる。【大井 みさほ】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

メガ【mega】

〔「大きい」意のギリシャ語から〕
単位に冠してその10の6乗、すなわち100万倍の意を表す語。記号 M   「 -ヘルツ」
非常に規模の大きいこと。巨大。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メガ
mega-

単位の 106 倍 (100万倍) を表わすSI接頭語記号はM。たとえば 1MHz=106Hz である。ギリシア語のメガス (大きい) に由来する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

メガの関連キーワード電磁戦隊メガレンジャーメガウイルスキレンシスメガ・ブランド戦略大規模太陽光発電所ジェットジャガーパワー・ブランドメガビット毎秒太帯細翅天蛾琉球大透翅蛾黒点剣紋天蛾蝦夷霜降天蛾一本背条天蛾メガサイクル翅長葡萄天蛾姫朽葉天蛾ギリシャ語大霜降天蛾天鵞絨天蛾透翅鳳雀蛾黒面形天蛾

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

メガの関連情報