コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メクラヘビ blind snake

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メクラヘビ
blind snake

トカゲ目メクラヘビ科 Typhlopidae,ホソメクラヘビ科 Leptotyphlopidaeに属するヘビ類総称。いずれもミミズに似た体形をもつ小型のヘビで,地中で生活をしている。上顎と口蓋部の骨は退化が著しく,歯は上顎 (メクラヘビ科) ,下顎 (ホソメクラヘビ科) のどちらかにしかない。眼は非常に小さい。体表の鱗はどれもほぼ同形である。熱・亜熱帯に広く分布し,日本では宝島以南の南西諸島にメクラヘビ Typhlops braminusが知られる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

メクラヘビ

爬虫(はちゅう)類メクラヘビ科に属するミミズ型の小さなヘビ類の総称。分類上トカゲとヘビの中間的な存在で,約160種ほどが全世界の熱帯に分布。眼が小さく鱗の下に埋まっているのでこの名がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メクラヘビ
めくらへび / 盲蛇
blind snake

爬虫(はちゅう)綱有鱗(ゆうりん)目メクラヘビ科に属するヘビの総称。この科Typhlopidaeの仲間は南アジア、東アフリカ、マダガスカル島、オーストラリア、太平洋の諸島に約180種が分布し、人為的にハワイ、メキシコにも及んでいる。全長14~18センチメートル、体形はまったくのミミズ型で尾が短く尾端がとがる。頭部以外は同大の滑らかな細鱗に覆われ、腹板は分化しない。上顎(じょうがく)にのみ歯があり、腰帯と後肢の痕跡(こんせき)が小骨として体内に残る。宝島以南の南西諸島、小笠原(おがさわら)諸島の父島に分布し、鹿児島県などでも発見されているブラーミニメクラヘビTyphlina braminaは、科の分布域と同じく世界に広く分布する。目は退化的で鱗(うろこ)の下に隠れ、耕地などの柔らかい地中にトンネルを掘ってすむ。餌(えさ)はシロアリや体の柔らかい昆虫類である。卵生で、長楕円(ちょうだえん)形の卵を3~6個ほど産む。メクラヘビの近縁種にはホソメクラヘビ科Leptotyphlopidaeの約50種と、アメリカミミズヘビ科Anomalepidaeの約20種とがある。[松井孝爾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

メクラヘビの関連キーワードメクラヘビ(盲蛇)ヘビ(蛇)盲蛇爬虫

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android