コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メスナー メスナー Messner, Reinhold

4件 の用語解説(メスナーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メスナー
メスナー
Messner, Reinhold

[生]1944.9.17. ブレッサノーネ
イタリアの登山家,極地探検家。父親の影響登山を始め,13歳の頃からアルプスのさまざまな山に登る。 1960年代には装備を軽量化し,シェルパなど外部のサポートに頼らない新しい登山方法「アルパインスタイル」の強力な提唱者の一人となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

メスナー

オーストリアのオルガニスト、指揮者、作曲家。1922年ザルツブルク大聖堂のオルガニストに就任。26年より、ザルツブルク音楽祭の大聖堂コンサートの指揮者を長年務める。36年オーストリア国家賞。オペラ、宗 ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

メスナー【Reinhold Messner】

1944‐
登山家。8000mをこえる高峰14山のすべてを制した世界で唯一人の登山家で,〈無酸素・単独登山〉の提唱者。イタリア北部の村フィルネス(南チロル)で生まれる。1970年,K.M.ヘルリッヒコファーに誘われてヒマラヤのナンガ・パルバット遠征隊に参加。この遠征隊は包囲法をとる大部隊で行われた。しかし,メスナーはこの登山で弟を失い,自らも足の指6本を失う。九死に一生を得て生還したこの体験が契機となって,彼独特の登山が生み出される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メスナー
めすなー
Reinhold Messner
(1944― )

ヒマラヤのエベレストをはじめ8000メートル級の14峰すべてを登頂した登山家。オーストリア南部チロールのフィルノース生まれ。ほとんどを単独、無酸素で登攀(とうはん)し、鉄人と称されるほど強い体力と優れた技術をもっている。1965年オルトラー主峰北壁初登攀、67年チベッタ北西壁初登攀など、アルプスやアンデスにおける活動を経て、70年ナンガ・パルバト登頂に始まり、86年のローツェ登頂で、8000メートル峰すべてに登頂した最初の登山家である。またアイガー北壁10時間、マッターホルン北壁8時間登攀など、スピードを主旨とする近代登山の実践家である。『Der 7 Grad』(横川文雄訳『極限の登攀』)など多くの著書がある。[徳久球雄]
『横川文雄訳『エヴェレスト』(1979・山と渓谷社) ▽尾崎治訳『K2――7人の闘い』(1982・山と渓谷社) ▽尾崎治訳『死の地帯』(1983・山と渓谷社) ▽岡沢祐吉訳『マナスルの嵐』(1978・二見書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メスナーの関連キーワード沖を越える七十にして矩をこえず世に聞こえる一線を越える死線を越える度を越えるココエル波をこえて山のスケッチ山田昇

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

メスナーの関連情報