コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メソッド・エンジニアリング メソッド・エンジニアリングmethods engineering

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メソッド・エンジニアリング
methods engineering

狭義には動作研究とほぼ同義。広義には,事務改善や生産管理の全分野を含む方法改善技術をさし,インダストリアル・エンジニアリング IEに近い意味をもつ。なおメソッドエンジニア主として管理部門や生産部門の事務改善を任務とする技術者のこと。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メソッド・エンジニアリング
めそっどえんじにありんぐ
method engineering

1939年にH・D・メイナードが提唱した生産性を最大にするための作業研究の一つの方法。生産における適正な生産量、在庫量、また品質とコストを維持するために必要な作業の動作系統を分析したり、設計する。一般に、作業研究は大きく分けて、作業方法の改善や標準化を行うメソッド・エンジニアリング(または方法研究ともよぶ)と、標準時間の設定を行う作業測定からなる。たとえば、あらかじめ原価分析を行った結果、構内の運搬関連の経費が同業他社に比べて多すぎる問題があったとすれば、工場レベルでの運搬全体に関して、定量的に分析する必要がある。そこで、工程分析として、運搬関連の分析(いわゆる、運搬分析)および、運搬にもっとも関連の深いレイアウトの分析(いわゆる、流れ分析)を実施して、工程内の欠陥を指摘し、その改善の具体案を設計することが、メソッド・エンジニアリングである。[玄 光男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例