コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メソロンギオン メソロンギオン Mesolóngion

3件 の用語解説(メソロンギオンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メソロンギオン
メソロンギオン
Mesolóngion

メソロンギ Mesolóngi,ミソロンギ Missolonghiともいう。ギリシアバルカン半島南西部の都市。アテネ西北西約 210km,パトライコス湾北岸に形成された浅い潟湖の北西岸に位置する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

メソロンギオン

ギリシア中部,パトレー(パトラス)湾をはさんで,パトラスの北西約30kmにある港市。農産物の集散地で,タバコがつくられる。ギリシア解放戦争の初期,ギリシア軍の要塞となり,トルコ軍の1年余の包囲攻撃に抵抗した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メソロンギオン
めそろんぎおん
Mesolngion

ギリシア中部、アイトリア・アカルナニア県の県都。人口1万0300(2003推計)。アテネの西北西210キロメートル、パトレー湾北岸に位置する。町は潟湖(せきこ)の湖岸沼沢地に立地し、従来船舶の出入りが困難であったが、新たに港を設け、臨海鉄道で貨物を輸送している。伝統的な産業は漁業と果樹栽培。1822~23年、ギリシア独立戦争の際、ギリシア軍の要塞(ようさい)となりトルコ軍の包囲攻撃に抵抗、26年婦女子・老人を含む3000人余りの守備隊が爆死するまでこれを死守した。この戦争に参加したイギリスの詩人バイロンは1824年熱病によりこの地で没し、現在彼の像と記念碑が立っている。[真下とも子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のメソロンギオンの言及

【アカルナニア】より

…中部ギリシアの南西端にあって,アンブラキア湾,イオニア海,アケロオス川に囲まれた地方。現在はアイトリア・アカルナニア県を構成し,県都はメソロンギオンMesolóngion。古代において,この地方はポリスの成立のおくれた後進地帯に属し,ギリシアの最盛期にあたる前5世紀に入っても,アカルナニア人はこの地方のほぼ全域を包摂する同盟を組織して,海岸地帯に成立していたコリントス植民市と対抗していた。…

※「メソロンギオン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

メソロンギオンの関連キーワードパトカークレオパトラの鼻パトΠάτραςパトリシアンΠάτραιミニパトクレオパトラの夢パトリシアレークパトラス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone