コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メチアル Mečiar, Vladimír

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メチアル
Mečiar, Vladimír

[生]1942.7.26. チェコスロバキア,スボレン
スロバキアの政治家。首相(在任 1990~91,1992~94,1994~98)。1993年,連邦関係にあったチェコ共和国と分離し,スロバキア共和国として独立を果たした。青年時代はアマチュアのボクシング選手だった。ブラチスラバのコメニウス大学で学んだ。親共産主義のスロバキア青年同盟でさまざまな役職を得て活動。1968年の民主化運動,プラハの春ではアレクサンドル・ドプチェクを支援したとみられる。1969年,共産党の強硬主義者たちと対立したことで党から除名された。その後「暴力に反対する民衆」の有力党員として再び表舞台に姿を現し 1989年のビロード革命後のスロバキア暫定政府で内務大臣となった。1990年の選挙で「暴力に反対する民衆」はスロバキアで大勝し,メチアルはスロバキアの首相となったが,1991年には辞職を余儀なくされた。閣外に去ったものの国民の絶大な人気に力を得て,同 1991年に民主スロバキア運動 HZDSを結成。1992年の選挙で HZDSは 1位となり,メチアルは再びスロバキアの首相となった。1993年1月,チェコのバーツラフ・クラウス首相と連邦関係の解消で合意し,チェコスロバキアは解体した。独立後は失業率の上昇や外国からの投資の減少に見舞われ,1994年3月,議会で不信任案が可決され辞任した。しかしながら同 1994年秋の選挙で政権に復帰し,3度目となる首相を務めた。1998年の選挙ではミクラーシュ・ズリンダ率いるスロバキア民主同盟が議会の多数派となり,再び首相の座を明け渡した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メチアル
めちある
Vladimr Meiar
(1942― )

スロバキアの政治家。ズボレン生まれ。1960年代のチェコスロバキアで共産党の青年組織幹部となるが、1970年に党から除名される。1989年の政治変動で「暴力に反対する公衆」に参加し、1990年1月にスロバキア政府内相、同年6月から同首相。1991年4月の辞任後に「民主スロバキア運動」の党首となる。1992年6月に再度首相となり、1993年のスロバキア独立後も、1994年3月から12月までの期間を除いて、その職にあったが、1998年9月の総選挙で敗北し、10月辞任。カリスマ的な人気をもっていたが、その権威主義的な政治手法には批判もあった。[林 忠行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

メチアルの関連キーワードイヴァン ガシュパロヴィッチ民主左翼党[スロバキア]市民民主党[チェコ]7月26日

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android