コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メディアアート めでぃああーとmedia art

知恵蔵の解説

メディアアート

コンピューターの性能の飛躍的な向上と社会への普及を背景に登場した、新しい芸術表現。コンピューター・グラフィックス(CG)などのデジタル映像や音響を組み合わせたマルチメディアアートや、鑑賞者が触れたり、動いたりすることで作品自体が変化するインタラクティブ(双方向)アートなどが生まれている。1980年代、人工知能に身体性や創発性の要素などをもちこんだ人工生命の研究が進み、その具体例としてアートが注目された。90年代半ばに誕生した関西文化学術研究都市の中にあるATR(Advanced Telecommunications Research Institute International=国際電気通信基礎技術研究所)では、人工生命研究にアーティストが参加した。また96年、CGなどを使った芸術表現やその制作技術を学ぶ岐阜県立の国際情報科学芸術アカデミーが開校、97年、東京にメディアアートを紹介・展示するNTTのインターコミュニケーション・センター(ICC)も誕生した。さらに97年度から始まった文化庁のメディア芸術祭では、アート部門を設けて新しい才能を発掘。2005年に新設された東京芸術大学大学院の映像研究科では、映像作家と共にメディアアーティストの育成を始めた。コンピューターの普及で変容しつつある現代人の知覚の様式や身体感覚などを表現するのに適しているが、現状はテクノロジーが先行し、その技術的解説や応用の域を超えていない作品も多い、という指摘がある。

(山盛英司 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

メディア‐アート(media art)

テレビ・ビデオ・コンピューターなどの媒体を駆使する、1970年代後半からの現代美術動向

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

メディアアート

正式社名「メディアアート株式会社」。英文社名「Media Art Co., Ltd.」。情報・通信業。昭和63年(1988)設立。本社は横浜市中区北仲通。ホームページやCD-ROMコンテンツの企画・制作、ソフトウェアの開発を行う。

出典|講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について | 情報

世界大百科事典内のメディアアートの言及

【コンピューターアート】より

…静止画やアニメーション,SFXを駆使した映像的な作品,空間や装置を使った展示・体験型作品(インスタレーション),そしてインターネット上のアートやCD-ROMのようにデスクトップ上で見ることができるマルチメディア作品である。アプローチ方法によって,ディジタルアート,メディアアート,サイバーアートと呼ばれる場合もある。 〈コンピューターアート〉という言葉が使用されはじめたのは,1968年にイギリスで始まった〈サイバネティックセレンディピティ〉展が世界各地で巡回開催されてからと考えられているが,この展覧会には,プロッター出力されたモノクロの図形やビデオアート,初期のシンセサイザーによる音楽なども含まれ,実験的な要素が強かった。…

※「メディアアート」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

メディアアートの関連キーワードニコライ(Carsten Nicolai)ビオラ(Bill Viola)アーティスト・イン・レジデンスプロジェクションマッピングディラー&スコフィディオインタラクティブ・アートアルス・エレクトロニカテクノロジカル・アートデジタル・アーカイブコンピュータ・アート文化庁メディア芸術祭インタラクティビティ山口情報芸術センターインゴ ギュンターアンソニー ムーアメディア・アートサウンド・アートインターメディアインターネットE.A.T.

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

メディアアートの関連情報