メドゥサ(読み)めどぅさ(英語表記)Medusa

翻訳|medusa

日本大百科全書(ニッポニカ)「メドゥサ」の解説

メドゥサ
めどぅさ
Medusa

ギリシア神話の女怪。海の神フォルキスとケトの娘であるゴルゴン(3人)のうちの1人。猪(いのしし)の牙(きば)と青銅の手、黄金の翼(つばさ)をもち、頭には髪のかわりにが生えるという醜怪な容貌(ようぼう)で、これを一目見た者は石と化した。英雄ペルセウスはメドゥサを見ないようにするため、磨いた盾にその姿を写しながら近づいて、彼女の首をはねた。このとき、彼女はポセイドンの胤(たね)を宿していたので、切られた首のところからクリサオルと天馬ペガソスが生まれた。

 医神アスクレピオスは、彼女の左の血管から流れた血で人間を殺し、右の血管の血で死者を蘇生させたし、リビア砂漠に落ちた血の滴りは毒蛇に変じた。メドゥサの首は女神アテネの盾にはめ込まれた。本来メドゥサは大地女神で、ゴルゴンは魔除(よ)けの護符であったのが、やがてゴルゴンとしてのメドゥサになったらしい。

[中務哲郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「メドゥサ」の解説

メドゥサ
Medusa

ギリシア神話の女怪。海ポントスの息子フォルキュスが姉妹のケトと結婚してもうけた3姉妹のゴルゴたちの1人。3人のなかで彼女だけが不死でなかったため,もとは人間の美女であったが,美しい髪の毛を自慢しすぎたため,アテナの神罰によりへびの髪をもち見た者を石化させる恐ろしい容貌のゴルゴに変えられたとする伝承もある。ペルセウスによって首を斬られて殺されたが,このとき,ポセイドンの種によって妊娠していた彼女の傷口から,クリュサオルと有翼の神馬ペガソスが出生した。彼女の頭は,ペルセウスによってアテナ女神に献上され,その聖楯アイギスの中央に取付けられたという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android